■Four Seasons■
目に留まった四季折々の草花を撮ってみました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

カサブランカ

051001
♪抱きしめると いつも君は
 洗った髪の香りがした♪

…は、郷 ひろみ の『哀愁のカサブランカ』。
切なくしみじみとした、いい曲でした。

 「昨夜どこにいたの?」「そんな昔のことは忘れた」
 「今晩会える?」「そんな先のことは解らない」 

…は、セピア色した映画『カサブランカ』の
ハンフリー・ボガードの有名な台詞。
彼が言うと、ちっともキザじゃないですね。

…で、この花はお婆ちゃんに人気のユリの花『カサブランカ』。

今、「飾る花はカサブランカと決めてますの」と言われる
お婆ちゃまのお宅を毎週訪問しています。
他のユリの花と違って、ほのかな上品な香りです。
一本の茎に5?7つ花をつけ、清楚ながらも豪華です。

「一本、お幾らくらいするんですか?」と下世話な私はついつい聞いてしまいます。
1,500?1,600円だそうです。
うちには飾れません。
スポンサーサイト




  1. 2005/10/01(土) 23:46:26|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sora2.blog8.fc2.com/tb.php/61-a285d713
 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。